1分で簿記2級メルマガ 登録

超特急 簿記合格 > 簿記入門トレーニング> 固定資産の売却

固定資産の売却

固定資産の売却に関する問題が出題される際は、たいてい売るだけでなく、売った資金で新しいものを買い換える問題がほとんどです。

買い換えの仕訳が含まれる分だけ、少し複雑になりますが、基本のパターンを押さえておけば大丈夫でしょう。

固定資産の買い換え



京都商店は自動車(取得原価¥10,000 減価償却累計額7,000)を下取りさせて、¥15,000の新しい車両を購入した。下取価格は2,000で、購入価額との差額は現金で支払った。減価償却の記帳方法は間接法で処理している。



借方科目 金額 貸方科目 金額
車両運搬具
減価償却累計額
固定資産売却損
15,000
7,000
1,000
車両運搬具
現金
10,000
13,000

仕訳を2段階に分けて考えてみるとよいでしょう。まずは、旧自動車を売却した際の仕訳をまず行ってみてください。仕訳は以下のようになるはずです。

借方科目 金額 貸方科目 金額
現金
減価償却累計額
固定資産売却損
2,000
7,000
1,000
車両運搬具
現金
10,000
13,000

次に新しい自動車を購入した場合の仕訳を考えてみましょう。

借方科目 金額 貸方科目 金額
車両運搬具 15,000 現金 15,000

この2つの仕訳を組み合わせればいいわけですが、ポイントは車両運搬具については相殺しないということです。現金については、借方の現金¥2,000と貸方の現金¥15,000を相殺して、貸方の現金¥13,000とします。

また、固定資産は他にも備品などがありますが、自動車の場合は車両運搬具という勘定科目が使われることも覚えておきましょう。

簿記2級 必勝メルマガ

近日中にオリジナルの「簿記2級 必勝メルマガ」を配信いたします。
簿記試験で問われやすい仕訳問題、簿記2級試験の必勝法、3級の内容の復習といった、試験対策に欠かせない内容ばかりをお送りする予定です。
登録はもちろん無料です。今のうちに是非登録しておいてくださいね。

メルマガは下記フォームからご登録ください。

簿記2級 必勝メルマガ 登録フォーム
メールアドレス