1分で簿記2級メルマガ 登録

超特急 簿記合格 > 簿記入門トレーニング> 予約販売

予約販売

予約販売とはあらかじめ予約金を受け取り、後から商品を渡す販売形態のことを指します。

予約金を受け取ったときと、商品を発送したときで仕訳が異なりますので、どちらのパターンが問われてもよいように、一連の流れで覚えておきましょう。

予約金を受け取ったとき



五条書房は国語事典(1冊¥500)の予約販売を企画したところ、20冊分の申し込みがあり、予約金¥10,000を現金で受け取った。



借方科目 金額 貸方科目 金額
現金 10,000 前受金 10,000

予約段階で受け取ったお金については、前受金(負債)で処理します。
商品の引き渡し時には、この前受金を取り消すことになります。

商品を引き渡したとき



五条書房は国語事典が完成したので、予約者に発送した。



借方科目 金額 貸方科目 金額
前受金 10,000 売上 10,000

商品を引き渡した時点でようやく売上となりますので、発送した商品の分だけ売上(収益)を貸方に計上し、借方には前受金を振り分けることで、予約時の前受金を減らすことになるわけです。

ちなみに、上記の2つの式を合わせると、前受金が打ち消され、以下のような仕訳になるはずです。

借方科目 金額 貸方科目 金額
現金 10,000 売上 10,000

これはよく見慣れた売上計上の仕訳ですよね。予約販売ではなく、その場で商品を販売して渡していたならば、普通の売上計上と同じになるということですね。

簿記2級 必勝メルマガ

近日中にオリジナルの「簿記2級 必勝メルマガ」を配信いたします。
簿記試験で問われやすい仕訳問題、簿記2級試験の必勝法、3級の内容の復習といった、試験対策に欠かせない内容ばかりをお送りする予定です。
登録はもちろん無料です。今のうちに是非登録しておいてくださいね。

メルマガは下記フォームからご登録ください。

簿記2級 必勝メルマガ 登録フォーム
メールアドレス