1分で簿記2級メルマガ 登録

超特急 簿記合格 > 簿記入門トレーニング> 法人税

法人税

企業のその期の最終利益となる当期純利益に法人税率をかけたものが法人税です。
法人税は一気に納めるのではなく、1年に2回納めます。期中に前期に納付した分から算出しただいたいの法人税の半分の額を納め、決算が終わると、実際に算出された法人税から、期中に納めた分を差し引いた額を納めることになります。

法人税の中間納付



京都商事株式会社の法人税等の前期納付額は¥1,000,000であり、当期、この半額を中間納付額として現金で納付した。



借方科目 金額 貸方科目 金額
仮払法人税等 500,000 現金 50,000

中間納付の段階では、法人税は確定していませんので、まだ仮払法人税等という勘定科目になります。仮払法人税等は資産の増加と考えられ、借方側に記入します。


決算において法人税が確定



京都商事株式会社は、決算において法人税等の額が¥1,200,000に確定したので、この金額から中間申告によって中間申告で納付した額を控除した金額を未払法人税等として計上した。



借方科目 金額 貸方科目 金額
法人税等 1,200,000 仮払法人税等
未払法人税等
500,000
700,000

決算が終わり確定した法人税を法人税等という勘定科目で借方側に記入します。

貸方側には中間納付で納めた仮払法人税等を記入し、差額を未払法人税等で記入します。仮払法人税等という資産が減少し、未払法人税等という負債が増加するので、貸方になるのです。

簿記2級 必勝メルマガ

近日中にオリジナルの「簿記2級 必勝メルマガ」を配信いたします。
簿記試験で問われやすい仕訳問題、簿記2級試験の必勝法、3級の内容の復習といった、試験対策に欠かせない内容ばかりをお送りする予定です。
登録はもちろん無料です。今のうちに是非登録しておいてくださいね。

メルマガは下記フォームからご登録ください。

簿記2級 必勝メルマガ 登録フォーム
メールアドレス