1分で簿記2級メルマガ 登録

超特急 簿記合格 > 簿記入門トレーニング> 資本金

資本金

会社は営業していくための資金を、株式を発行して調達することがあります。これを資本金と言います。

会社の設立時



河原町商事株式会社は、会社の設立にあたり、株式300株を1株の払込金額10,000円で発行し、全株式の払い込みを受け、払込金額は当座預金とした。



借方科目 金額 貸方科目 金額
当座預金 3,000,000 資本金 3,000,000

会社を設立する際に株式を発行し、資本金を調達した場合の仕訳です。
会社設立時は、基本的に払込金額のすべてを当座預金とします。資本金は純資産扱いなので、増えたら貸方側に記入します。


決算において法人税が確定

問題文に「会社法で認められる最低額を資本金に組み入れることにした」とある場合は、仕訳が少し違ってきます。



河原町商事株式会社は、会社の設立にあたり、株式300株を1株の払込金額10,000円で発行し、全株式の払い込みを受け、払込金額は当座預金とした。なお、払込金額のうち、会社法で認められる最低額を資本金に組み入れることにした。



借方科目 金額 貸方科目 金額
当座預金 3,000,000 資本金
株式払込剰余金
1,500,000
1,500,000

会社法で認められる最低額とは、払込金額の50%ですので、半分を資本金に、残り半分を株式払込剰余金という勘定科目で記入します。この勘定科目は、資本金に関連する仕訳でしか出てきませんが、覚えておかないと分からないものですね。

簿記2級の試験では、この会社法を絡めた問題の方が少し難しいため、よく出題されます。

簿記2級 必勝メルマガ

近日中にオリジナルの「簿記2級 必勝メルマガ」を配信いたします。
簿記試験で問われやすい仕訳問題、簿記2級試験の必勝法、3級の内容の復習といった、試験対策に欠かせない内容ばかりをお送りする予定です。
登録はもちろん無料です。今のうちに是非登録しておいてくださいね。

メルマガは下記フォームからご登録ください。

簿記2級 必勝メルマガ 登録フォーム
メールアドレス