1分で簿記2級メルマガ 登録

超特急 簿記合格 > 簿記検定とは > 簿記の基本

簿記の基本

簿記とは何か

簿記とは、企業や家計の活動を会計記帳に記録し、報告書を作成していくための手続きやルールのことを指します。

簿記は主に、サービス業などで用いられる商業簿記と、製造業などで用いられる工業簿記に大別でき、簿記2級ではこの2つが問われます。

そして、簿記のルールに従って記帳された日常的な経営活動は、最終的に貸借対照表損益計算書という2つの報告書にまとめられます。
この貸借対照表と損益計算書はまとめて財務諸表とも呼ばれます。

簿記の要素

簿記では、財政状態を示す要素として、資産・負債・純資産
経営成績を示す要素として、収益・費用
という5つの要素が存在します。

資産とは、企業が所有する土地、備品、建物といった有形の財産や、貸付金のような無形の財産を指します。
負債とは、金融機関からの借金などに代表される、いずれ支払わなければならない債務のことです。
純資産とは、資産の総額から負債の総額を引いたもので、資本とも呼ばれます。
収益とは、商品販売などで得た収入のことで、純資産を増やす原因になるものです。
費用とは、仕入にかかる原価や家賃、従業員の給料など、収益を得るためにかかったものを指し、純資産を減らす原因になります。

簿記で用いられる勘定科目は必ずこの5つの要素に分類されるので、この概念を理解しておきましょう。

簿記2級 必勝メルマガ

近日中にオリジナルの「簿記2級 必勝メルマガ」を配信いたします。
簿記試験で問われやすい仕訳問題、簿記2級試験の必勝法、3級の内容の復習といった、試験対策に欠かせない内容ばかりをお送りする予定です。
登録はもちろん無料です。今のうちに是非登録しておいてくださいね。

メルマガは下記フォームからご登録ください。

簿記2級 必勝メルマガ 登録フォーム
メールアドレス